子供と一緒に育っていく私。ゆっくりじっくり歩いていこう


by fairmoon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏祭り2

この間はスゥの幼稚園の夏祭りがありましたが、今週末はドロップの保育園の夏祭りに行きました。

ドロップは、断乳した頃からまた朝預けるときに時々泣くようになってしまったのですが少し時間がたてば慣れてくるようで、夏祭りでもそんな感じでした。

いつもの場所だけど人も多いし、びっくりしていたようですが
まずは焼きそばやチョコバナナを食べて、ジュースもおかわりして充電!
(スゥも隣でもりもり充電^^)

それからヨーヨーつりやお面をもらったり、プラバン(て知ってますか?透明な板にマジックで絵を描いてオーブンで焼くと、小さく縮んで固まる?というもの・・・私は知らなかったです)でバイキンマンを作ったりして遊びました。

なにしろドロップの好きなアンパンマンキャラがあちこちにあるし、なんだか楽しい雰囲気で、だいぶ気分も乗ってきました^^


と、そこへ・・・・

なぜか着ぐるみのおサルさんが登場。(なぜサルだったのかはわかりません☆)

はじめは身を乗り出して見ていたドロップですが、おサルがこちらへ近づいてきたとたん・・・

「ギャー!!!!」

と大号泣☆☆

相当怖かったみたいです^^;
そういうのに弱いスゥも、泣きはしませんがビクビクで夫の後ろに隠れていました。


その後、みんなで練習していたという盆踊りを踊り、すいか割りなどをしました。

スゥもドロップもすいか割りに挑戦して、ぽこっとたたいていました。
(すいかはなかなか割れなかったのですが、最後に先ほどのおサルさんが登場して見事に割ってくれました。子供らを号泣させちゃったけど、これで帳消し?ってとこでしょうかね^0^)


この時期、あちこちで夏祭りがありますね。
お祭りって・・・楽しいですね^^
週末ごとに、夕方浴衣を着た女の子たちを見かけると、「ああいいなー^^」と思います。
自分の子供の頃のお祭りのこととか思い出したりしました。


大きな花火大会にも行ってみたいと思いますが、子連れだと大変かな。
(うちの子らは怖がっちゃうかも)
もう少し子供たちが大きくなったら行ってみたいです。
[PR]
by fairmoon | 2006-07-31 04:03 | 子供たち

故郷は遠くにありて

私の実家は新潟にあります。
私は姉がいますが、結婚して私と割と近いところに住んでいます。

なので新潟には両親二人で暮らしています。


今度、両親が新潟を出て、私の家の近くへ引っ越してくることになりました。
前々からそのような話はしていて、「いずれは・・(数年以内には)」くらいに思っていましたが、思っていたよりもずっと早く実現することになりました。

この頃新潟は地震や水害などがあったりして、両親と離れていることの不安、いざと言うとき何もできない怖さなどを感じて、私は両親がこちらへ来ることは賛成でした。
近くにいてくれたらしょっちゅう会えるし、何かのときにも手伝えるし安心です。
ふとした折に「お父さん(お母さん)年とったなあ・・・」と思うことも増えてきましたから・・・。

でもやはり新潟を引き払うことは大変なことなので、色々な心配もあり
このことが決まるまで、両親や姉や夫などと色々なことを話し合って、それぞれの間で考えが食い違ったり、気持ちがすれちがったり、言葉の行き違いがあったり・・・短期間でしたが色々なことがありました。
そしてその中で改めて知る相手のこと・・というのもいくつもありました。


年をとってから新しい土地へ移り住むって、大変なことだよなあと思います。
でも私は両親が近くに来てくれるのは嬉しいですが、それでもやっぱり来てしばらくは色々大変だろうなあと思います。


なんだかいろんなことを考えてしまいました。

親が年をとっていくことの寂しさとか、なかなかそれを受け入れられない気持ち・・

あと、私には(姉にも)もう「帰る田舎」は無くなるんだなあということ。
今年の夏は新潟へ帰って、友人に会ったりお墓参りもしてこようと思っていますが
これが最後の「帰省」になるんだと思うと、今からなんだか泣けてきてしまいます。


でも、新潟がなくなるわけじゃない。
友人たちも親戚もいるし、今度はその人たちに会うために、行くことができる。
(今までは「両親に会うために」帰っていましたから、友人に会えずに戻ってきてしまうこともよくありました)


生まれてからずっと暮らしてきた新潟を引き払ってくる両親を思えば、私がメソメソなんてしていられませんね!


また両親と身近に暮らすことができるありがたさを思っています。
子供たちも、「新潟のじいじばあば」とたくさん会えるようになって、喜ぶことでしょう。


秋口には引越しをするので、なにかと忙しくなります!
両親の新しい生活が楽しいものになるように、私もはりきって手伝おうと思います。
どうぞ、できたら皆さんのお祈りのうちに、ちょこっと加えてくださいませ。


自分のこと、子供のこと、親のこと。
今の私ってこういう色々なことを考える年代なのだなあ・・・と思ったりしました。


追記)
この両親のことが決まって、「田舎がなくなる」ことなどをひとりクヨクヨと考えていたとき、いつもおじゃましているホッシーさんの「思い出を探しに」という記事を読みました。
読んだとき、「ああ、そうだ。新潟がなくなるわけじゃない、私の故郷がなくなるわけじゃないなあ・・・」と、なんだかほっとして気持ちが軽くなりました。
このときはコメントもできなかったけど、ホッシーさんありがとうございました。
ほんとに、なんだかすとん、と、胸に落ちて、元気になれました。
[PR]
by fairmoon | 2006-07-20 12:37 | ひとりごと
今日で3連休も終わり・・・
連休前はあれもしようこれもしようと思っていたけれど、
特に何ができるわけでもないのですよね。

あいかわらず家は散らかっているしご飯もいつもどおりの簡単メニューです^^;

今日は夫がスゥを連れて映画に行っています。
スゥ、映画館デビュー♪です。
(観ている映画は・・・「アンパンマン いのちの星のドーリィ」です^^)


先日、スゥの幼稚園で個人面談がありました。
担任の先生と、最近のスゥの様子などをお話しました。

私は前にあった参観日での様子や家でスゥが話してくれることなどから
着替えやその他のしたくなど、手間取って苦労しているんじゃないか、お友達よりも先生のあとをついてまわってるんじゃないか(お友達とあそべてるのか??)というようなことを心配していたのですが、私が聞くよりも前に先生が話してくださった内容でそれらの心配もとりあえず大丈夫そうだとわかり安心しました。

スゥは先生たちが大好きなのですが、中でも未就園児のときに担当してくれたH先生が大好きです。(今の担任のY先生もそれはわかっていて、「先生ちょっとジェラシー☆」と冗談めかして言っていました)
家に帰ってくると「今日はH先生と3回会えた!」とか「お話できた!」とか必ず報告してくれます。

「スゥはね、おとうちゃんやおかあちゃんやドロップちゃんよりも幼稚園のみんなが一番大好きなの」

これが最近のスゥの口癖です。
はじめは、「えーっそうなの~?」と言っていたけれど、
考えてみればこんなうれしいことはないなーと思います。
あの、大泣きして「行きたくないー!!」と言っていた時を思えば
幼稚園がそんなに楽しいなんて、ほんと、嬉しいことです。

スゥは時々先生にお手紙を書きます。
でも字はかけないので、まるとかくちゃくちゃしたものとかをいっぱい書いて、あとその間に顔みたいなものも時々入っていますがそんなのを書いて持って行きます。
そうすると先生は必ず次の日にかわいい紙にお返事を書いてくれます。

最近はお友達からももらってくることがあって、それはスゥのと似たようなお手紙だったり、時々ちゃんと字が書いてあることもあります!(すごい!)
スゥも字が書けたらもっとお手紙が楽しいだろうと思って聞いてみると、「練習する」とのことなので「ひらがなれんしゅうブック」みたいなのを一緒に行って買ってきました。

「夏休みにやる!」と言ってますが、ほんとにやるかどうか、ちょっとあやしい・・・と思ってますが^^ まあ楽しければいいと思います。

そして私も・・・

「えんぴつで『奥の細道』」

という本を買いました

「奥の細道」が大きめな薄い文字で書いてあって、
それをえんぴつでなぞりながら読む・・・という本です。
私は、こういう一人でちまちまと何か書くとか作るとかいうのが結構好きなんです。

でもあまり根気がないので続かないことも多いんですが、つい買ってしまうんですよね。

夏休みに毎日少しずつやろう!なんて思って買いましたが、
そういえば同じように思って買った「大人の塗り絵」の本もまだ1ページも塗ってないな・・・

お絵かき怪獣ドロップが毎日キチンとお昼寝してくれたら、やろうと思います。(←すでに弱気☆)


ドロップは、断乳が思いがけず早く終わり、もうおっぱいをほしがることもほとんどなくて元気いっぱいですが、でも保育園に朝預けるときに泣くようになりました。
ちょうどおっぱいをやめたのと同じ時期からなので関係があるかもなあと思っています。
でもそれ以外はほんとに元気いっぱいで・・・

最近のお得意は
「い、や、だ!」と「だめ!」です(T^T)

一日の半分くらいはこの↑どちらかをいいながら怒ったり泣いたりしていますが、まあそういう時期なのでしょうね・・・しかたがない・・・しかしちょっと参ります(@-@)

だんだんいろんな言葉を言うようになってきて、嬉しかったのはスゥのことを呼ぶようになったことです。
「○○ちゃーん、ここにおいれー(ここにおいで)」とか言うのを聞いているとちょっと嬉しくなります。だいぶ2人で遊ぶようになって、2人で抱っこしていたり追いかけっこをしていたり楽しそうです。


もうすぐスゥの夏休み・・・私の仕事も休みが多くなるので、ほぼ毎日を子供たちと過ごします。
幼稚園で思い切り遊ぶことに慣れたスゥと、自己主張が強くなったドロップとすごすのはなんだか大変そうだなァ・・・と思いますが・・・
うーん。体力つけて、がんばります!(←しかしこれもすでに弱気・・・^^;)
[PR]
by fairmoon | 2006-07-17 17:54 | 子供たち

夏祭り

いやはやまたすごく久しぶりの更新になってしまいました(T-T)
みなさんお元気ですか?


週末、スゥの幼稚園で夏祭りがありました。

スゥは紺地にひまわりの柄のゆかた、ドロップはピンクの甚平を着て、なぜか夫まで甚平を着て(やる気まんまん?)出かけました。
(私もゆかたを着たかったけど、自分のしたくまで手が回りませんでした☆
 すてきにゆかたを着こなしてるママがたくさんいました、来年は私もがんばるぞ!)

ものすごく暑い日だったのですが昼過ぎに降った夕立のおかげで少しは暑さもおさまり助かりました。

子供たちの「ポケモン音頭」で始まり、その後輪投げやお菓子つかみ取り、ヨーヨーつり、スーパーボールすくいなどのゲームと、アイスクリームやおだんごを食べたりとスゥはとても楽しそうでした。
ドロップはまだゲームは楽しめませんが、お菓子やアイスをもりもり食べていました^^

子供たちはみんなゆかたや甚平を着てとてもかわいかったです。
特に女の子はゆかたの色や柄もいろいろ、髪型もかわいくまとめていたりして、
そのみんなが集まってきゃあきゃあ笑っていると、ほんとにかわいいなーと思いました^^

一度、スゥのまわりに女の子のお友達が数人集まってきて、
みんなで「スゥちゃーん!」といいながらぎゅーと抱っこしあっていたときがあって、
かわいいので写真を撮りたい!と思って
「あっみんな、写真をとってもいーぃ?・・・・」
と言い終わった頃にはみんなテンでばらばらに走り去っちゃってました(*-*) (ざんねん!!)


いっぱい遊んで、おみやげに花火セットをもらってスゥは大喜びでした。
(その日の夜は雨がぱらついたので、花火は翌日の夜やりました。)

***
この日は朝からすごく暑かったので、午前中にビニールプールを出して遊びました。

携帯で撮った写真なので写りが悪いですが・・・
e0004539_15555367.jpg
楽しそうな3人組。



お祭り。プール。花火。

夏ですね。

これから、楽しいことまだまだありますね。

海。すいか。とうもろこし。枝豆。ビール。


・・・・・ってあれ。いかんいかん。^^;


もうすぐスゥも夏休みです。
嬉しいような、そうでないような・・・?^^;

でも、楽しい夏にしたいです。
[PR]
by fairmoon | 2006-07-17 15:57 | 子供たち
土曜日からドロップの断乳をしています

友人のソファさんから教えてもらった方法で、
おっぱいに絆創膏を貼って
「おっぱい、イタイイタイだからできないんだよ」と話す・・・

ソファさんの娘さんは、「イタイイタイなの」と言うと
いい子いい子をしてくれて、ぎゅっと抱きしめてくれたとのこと・・なんて優しい!!

この話を聞いて、「でもうちは絆創膏をはがそうとするんじゃないだろか??」なんて思っていたのですが・・・

ところがところが!

土曜日の朝ドロップがおっぱいをしたがったので絆創膏を見せて、
「イタイイタイなんだよ・・・」と言うと、

「タイタイ?」と言いながらしばらく見ていて、ちょっと触ってみたりして、
なんと自分で私の服をおろしておっぱいをしまったんです!(「おっぱいをしまう」ってなんか変だけど・・)


その後2日間くらいは何度もおっぱいをしようとして、
その度に「タイタイ?」→しまう を繰り返していました。

あんなにおっぱいに執着していたのに、ひどく泣いたり、無理やりおっぱいをしようとしたりしないので驚きです。ドロップなりに、我慢したり何か考えたりしているのか・・・

3日目以降はほとんどおっぱいをしたがらず、ほぼ存在を忘れかけている模様?
寝ている途中でふと目が覚めたときなどにはちょっと探したりもしますが、
それもほんの時たまです。


すごく大変だろう、と思って覚悟していた断乳は、意外にもあっさりと完了しそうです。
あまりにあっさりやめられそうなので、「もう子供を産むこともないだろうし、もうおっぱいすることもないんだなあ・・・」なんてちょっと寂しくもなってしまいました^^;;

でも無理なくやめられてよかった!ソファさんほんとにありがとう。
これから断乳しようという方、この方法を試してみる価値あると思います。

ドロップもこれでまた一歩大人に(?)なります^^
[PR]
by fairmoon | 2006-07-05 10:53 | 子供たち