子供と一緒に育っていく私。ゆっくりじっくり歩いていこう


by fairmoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ほんとだろうか・・

ちょっと日が経ってしまってますが、2月2日の新聞に、こんな記事が載っていました。

「悩み相談メール1ヶ月分誤削除・・・都教育相談センター」

内容は、不登校や学校でのいじめや体罰、進学などの相談に応じる東京都の教育相談センターというところで、「メール相談」というのをやっていて、そこによせられた相談メールが、迷惑メール対策のミスで約1か月分読まずに削除されていた・・・というものでした。

これを読んで、設定ミス、というのはよくあることだと思うけど
1ヶ月もの間誰も気づかなかったのかな?とふと疑問に思いました。

記事には、「1ヶ月に約20通前後の相談メールが寄せられていた」とかかれていたけど、それなら担当者は毎日メールチェックはするでしょうし・・・毎日じゃなくても2日に1度くらいはするのじゃないかな?なのに1ヶ月経つまで、毎日1通もこないことを不審に思わなかったのかなあ・・

なんとなく、これって「気づいていたけど放置してた」のでは?という感じがしてしまいました。だって1ヶ月ってけっこう長いよ。

疑問ついでにこの相談センターのホームページを見てみたら、お詫びの文章が載っていました。

誤ってメールを削除されてしまった人に対しては、
「大変恐縮ですが改めて電話相談をご利用ください」と書いてあって、
でも、メールを送った人は電話で相談したくないからメール相談を選んだのじゃないかな・・・と思いました。
私が削除された立場だったら、たぶんもうここには相談しない。どこかほかのところを探すなあ。
だって信用できないもの。メールを送ってからどんな気持ちで返事を待ってたのかなと思うと気の毒でならない。


メール相談というのを始めるくらいだから、それなりにメールやパソコンの知識のある担当者がいるはずだと思うのです。設定ミスに1ヶ月間気づかなかったなんてことはちょっと信じられない。ほんとに気づかなかったんだとしたら、仕事で「メール相談」を受ける人として、それはすでにダメなんじゃないでしょうか。

なんだかだんだんと腹がたってきてしまいました。



最近ニュースで毎日見る、東横インの社長さん。
あの人のように、たぶんほんとうは自分たちのしたことの何が悪いかよくわからないで、とりあえず謝ってる人ってけっこういる。
そしてそういう人は、どんなに言われてもやっぱりわからないままなんだろうなあ なんて思っちゃいました。


公の機関、民間の機関、人の相談を受ける場所っていろいろあるけれど、相談をする側はとてもつらいものを抱えてそこへ行くと思います。だからそれを迎える側の人には、ちゃんと「専門家」であってほしい。ちゃんと、必要十分な情報、支援、言葉を与えてくれる人であってほしいです。

真偽のほどはわからないけど・・・疑問と不満がふつふつわいてしまったのでした。
[PR]
by fairmoon | 2006-02-08 13:57 | ひとりごと